「LIFE kitasando」さんとのコラボで漆塗りタンパーを製作しました。
タンパーとは、エスプレッソを抽出する際、フィルターにコーヒー豆の粉を詰め込む道具。
素材はプラスチックからゴム、木、アルミ、ステンレス製とあり、
又形状もどう握りどう押すかによって変わってくるので実に様々です。

「LIFE kitasando」さんはコーヒーやエスプレッソという欧米文化の中から生まれた既存の道具には満足できず、
自分たちがほしい道具、使いたい道具を作ろうと、飲食業の枠を超えてコーヒーエスプレッソ関連の商品開発をしております。
現在次の新商品も進行中です。

今回は大小二つの黒漆、赤漆のタンパーが完成。(ベースもオリジナルで作られ写真のものは違います)
Img_a633351d0d875158ff6ab11fdfd5df4a2a30c29f
Img_e2fbefb27d56505f647e01406085f0d8d69af2a6
日本人の手に馴染むサイズと形状。
漆の赤黒というツートン使いは本来文脈的な意味はあるものの、見かけるオーソドックスな組み合わせ。
3本のラインはLIFEさんのユニフォームの腕にも入っており、
スタイリッシュなものに仕上がりました。
詳しくはこちら

「道具にこだわりを持つ国」日本発の漆塗りタンパーとコーヒーエスプレッソ関連商品。
今後は海外でも発表される予定で楽しみです。


このようにNUSHISAは自社と他社様含め、現在20件程の商品開発を進めており、
かなり慌ただしくしておりますが、本来こちらの製作や開発が本業だったことに改めて気付かされるこの頃。
近々発表できるもの、来年以降になるもの様々ですが、
さらにスピードを上げて頑張りたいと思います。