昨日からぐっと冷え込んできました。それもそのはず、だってもう霜月ですもの。
NUSHISAでは昨日から市内巡回展「ちいさな町、吉川」たかはしかつよし写真展がはじまりました。
市内在住のアマチュアフォトグラファーたかはしかつよしさんが、NUSHISAもある町吉川市の何気ない風景を切り取った町の写真展です。吉川という町は人口6万人。都心から近いわけでも遠いわけでも自然が残っているわけでも誰もが知ってる歴史や文化や産業があるわけでもなく、とりわけこれ!といった特徴のない町です。普段目にする風景も、どこかで見た事あるような、至って普通の風景。しかし日本のほとんどがこうした「普通の町」で、そこには多くの人が住み、数知れないほどの暮らしがあり、おそらく町の「良さ」や「らしさ」がきっとあるのだと思います。
今回たかはしさんが撮影してくれた写真の多くは風景写真。でも人が暮す町の良さを感じさせてくれる写真です。この写真展を通し、自身の暮す町、そして普段見落としがちな身近なものに、少し目を向けてみようと思っています。
Img20081111023321
そして今回のイベントのお楽しみのひとつに「食事」があります。
自身の暮す町ということで、吉川産の食材で作られた採れたて野菜弁当、通称「吉川畑弁当」です。吉川の畑と田んぼで採れたおいしい素材の味を活かした、素朴で心温まるお弁当。料理は以前NUSHISA食堂でも腕を振るってくれた友人の大池さんが担当します。しつらえもNUSHISAらしく。
Img2a20081111023321
まだまだ書きたいことたくさんあるのですが、今日のところは寝かせてください!

店主
現在開催されてる「ちいさな町、吉川」では、写真とともに食材も楽しんでいただこうということで、
朝採れたての野菜中心の「吉川畑弁当」をご用意しています。献立は以下の通り。

「吉川畑弁当」
・おむすび3種(自家製ゴマ塩・梅・青しそ)
・卯の花
・あらめの煮物
・けんちん汁味噌仕立て
・林檎とくるみのケーキ       980円

2種類の出し方で
Img20081111223608
お弁当箱お楽しみバージョン
Img1b20081111223608
おむすび型ざるバージョン
あなたの机にどちらが来るか、それは来てからのお楽しみ。

吉川の畑から届くお弁当は、
秋冷えした心の中までぎゅっと暖めてくれることでしょう。

そして食後にご用意させていただくコーヒーは、千葉県長生村にあるKUSA.喫茶のKUSAブレンド。KUSAさんのコーヒーを最後にいただいたのは約3年前。あの匂い、あの味、あの記憶、ずっと忘れることはありませんでした。いつかまた味わってみたいと思っていたコーヒーとの3年越しの再会、それはまるで初恋のあの子との久しぶりの再会のようでした。

店主
あまりしゃべらないほうが良いよ

と、忠告してくれるありがたい先輩方がいるので
今回の写真展はなるべく余計なおしゃべりはしないように心がけています。
自分のフィルターばかりを通しすぎても
あまり真実は伝わらないですもんね。
もししゃべりすぎてる店主らしき人物を見かけたら
「チャック!」って叱ってくださいね!

今回「ちいさな町、吉川」たかはしかつよし写真展のために
DJ lisaさんがBGMを作ってくれました。
ふと見上げて綺麗だなと思った吉川の澄んだ空の色のような選曲です。

音にのせて気持ちもすっと写真に入ってくれればいいな。
NUSHISAらしく、おばちゃんもおじちゃんも近所の子もあの子もこの子も
いろんな人に届いてくれればいいな。

店主
Img20081114024234
「ちいさな町、吉川」たかはしかつよし写真展7日目、
NUSHISAでの展示も残すところあと1日となりました。
店内においてある「感想ノート」にも、
たくさんの方々の感想をいただき感無量です。
まだこれから町を巡回し、終わりは12月21日なのではじまったばかりですが、
すでにさみしい気分になっています・・・
明日は吉川市民まつりへ出席のためわたくし不在ですが
ちいさな町、吉川の「写真」と「食」、楽しんでいってくださいね。

店主
Img20081115205314
Img1b20081115205314
Img1c20081115205314
Img2a20081115205314
Img2b20081115205314
入り口付近に設置されたプロジェクターからは、もっと高橋さんの日常が写しだされています。
Img20081126180858
①赤土と白土のしましまが目をひく作品は、なんと徳利です!  もちろん花を生けたり、お見立て次第でいかようにも。 
Img1b20081126180858
②左側、黒陶独特のしぶいツヤ感は、1点1点表面を丁寧に磨いてつくられます。右側の鉢は呉須の絵付けが楽しい雰囲気。   それにしても前田さんの作風は幅広いです・・。
お店の前の桜並木もずいぶん葉が落ちました。そろそろ本格的な冬の到来ですね。

今日は10月の企画展にもご参加いただいた前田育子さんの作品入荷のお知らせです!個性あふれる作品たちが、冬本番の北海道・白老町から届きました。

写真①より
写真左端、ホールのケーキからお刺身盛り合わせまで幅広く活躍してくれそうな白磁の台皿。シンプルながら美しい質感に作品としての存在感を感じます。
右奥、炭化の大きめマグは麦酒はもちろん、焼酎お湯割り派の方にも。
手前、白磁のソーサーつきカップは何となく「もっきり」を連想するカタチですね(笑)。個人的には日本酒派の方に是非おススメしたいうつわです!

このほかにもお馴染み赤土と磁土をバームクーヘンのように重ねてつくられた「層」のシリーズ、練りこみのシリーズ、ユニークな小作品もいろいろと入荷しています。ちょっと個性的なクリスマスプレゼントをお探しの皆さま・・是非一度ご覧くださいね。ご来店お待ちしております~!
(yuza)