Img20070105200639
金・白・ピンクの三色
昨年催した先人の知恵に学ぶイベント『古民具で夏のしつらえ』展ではひと肌もふた肌も脱いでくださった平尾さんデザインの紙製イノシシが可愛らしいかったので、年賀状の写真に使わせてもらいました。折り目のついた平面の紙を、線にそって折り曲げていくと、躍動感あふれる立体的なイノシシが出来上がります。どこかで販売してるといいのになあ。





1月9日付け産経新聞社会面にこんなタイトルの記事がありました。国土交通省が進める「自然を生かした川づくり」をめぐり、国交省の専門家委員会が調査した結果、約9割の河川で趣旨に反した工事が行われていたことを発表。年間数千億円も費やす工事の大部分が不適切な工事だったことをうけ、国交省では無駄な河川工事をなくすよう求めている、といった内容です。
 
ちょっと首かしげちゃったので長文失礼します。

『自然を生かした川づくり』

このことをテーマにした国の一大プロジェクトは、蓋をあけるとなんともお粗末で幼稚なものでした。そもそも自然を生かした川づくり(多自然型川づくり)とはいったい?
 河川が持つ生物の生育環境を生かし、美しい自然景観をつくり出す目的で平成2年から進められてきたこの事業。河原に草花が生い茂り、生物の生息場所となるような環境づくりが想定されていました。川は自然のままに流れ、コンクリート製の岸は最小限にするはずだった。しかし調査委員会の調べでは全体の約7割でコンクリート護岸が使われ、川幅はまっすぐになっていく。一方で無理に蛇行させようとした結果、川は増水し、魚は住み着かなくなっていった。これまで3万件近くの工事が行われてきたが、平成14年度は全体の河川工事の約7割が多自然型川づくり事業として実施され、約7000億円が使われたとされる。その総額は数十兆円にもなるとのこと。

お正月にみたテレビ番組を思い出しました。ケルト民族と日本の農業に根付く『循環の思想』を掘り下げた面白い番組でした。日本最大の湿原北海道の釧路湿原は、水と土の循環によって約2000種をこえる生態系を育み命の宝庫とよばれていた。しかし大正以降食料生産地への需要が高まり湿原は農地に転用される。川の流れは直線化されその結果自然界のバランスは崩れ乾燥化に拍車がかかる。1947年から2000年のたった50年で、281平方kmあった湿原の面積は193平方kmにまで減り、このままでは100年後に湿原そのものが消えさることにもなりかねない、というお話でした。現在釧路川では直線化した川の流れを再び蛇行させようとする試みが行われています。

環境と経済のバランスをとるのが難しいことはわかってます。私はここで問題視したいのは、莫大な税金を使ってtrial and errorをされても困るということと、もうひとつは今ある自然を維持しながら後世に繋げていく方法を探っていただきたい、ということでした。首都圏の自然はどうもウソくさくてキナくさいものを多く感じます。人工的な緑や水であっても、自然界との調和を図った上での人間社会の生活向上を目指してほしい。環境問題はあらゆる側面から見ていかないと偏った見解になってしまい全体が見えてこないと思うので私自身注意したいと思います。失ったものを取り戻すのは容易なことではないので、私達も真剣に考えなくてはいけないと感じました。

店主
Img20070130184203
片手には豆腐を。
Img1b20070130184203
哀愁とはこういう事を云います。このスガタ焼きつけます!
隣の事務所で作業をしていると、店からオカンとお客さんの話声が
聞こえてきました。店の隅々に置かれてあるまともな人なら確実に
スルーする品々を、ことどとく探し当てては反応しているご様子。

店主、気合を入れて店内に入る。

「いらっしゃいま・・・」

お客様は半纏を着ていた。

店主    「お仕事帰りですか?」

お客様  「いえコスプレです」

お話するとたいへん知的なお方。
隣町松伏から自転車こいでお越しになられました。
プライベートで半纏なんて


「粋すぎる!!!!!」


なんか勇気をもらいました。
またのお越しをお待ちしております。

僕もこういう大人になりたいと、一瞬思ったのでした。