こんにちは。竹俣です。久しぶりの投稿になってしまったブログ。
5月に制作したL型特注キッチンをご紹介させていただきます。

市内の地引建設さんから「L型の特注キッチンを提案してほしい」とのご依頼いただき、
デザインから設計、制作、設置までいたしました。
施主様はお母様との同居をきっかけに現在お住まいのマンションをリノベーションされるとの事。
川沿いに建つマンションの5階で、窓からの見える抜けた景色と風通しが大変気持ちの良いところでした。
リノベーション内容は主にキッチンとリビングとバス。

リビングの床には無垢のサワラ材、天井・壁には自然素材の布クロスを使用。
キッチンもなるべくこういった素材と調和した仕上りを希望し
当初はキッチンメーカーのセミオーダーを検討されていたようですが、
各社ショールームへ行ってもなかなかしっくりこず、
地引さんが竹俣に声をかけてくれたという流れです。こういう案件燃えますね笑。

まず私が提案させていただいたのが「木のキッチンをつくりませんか」でした。
木に包まれたこの空間に合う、自分だけの木のキッチンです。

昨今のキッチン家電や料理道具は、多機能とハイスペック化がかなり進んでいます。
又カラフルな色も揃い、選択肢は広がっている。こうした現状を喜ぶ人もいるかもしれないが、
喜ばない人の選択肢が、あまりに少ないことが気がかりではありました。あくまで個人的にですけども。
使い手にとって本当に必要な機能とは。気持ち良いとは…

こうした話を施主様と真面目に時にゆるくする中で
「機能の足し算はやめて大切にしたいものを引き算していこう」となり
すると下記の4点に絞られていきました。

①道具を少なくしたい 
②場所を有効に使いたい
③メンテナンスを簡単にしたい
④日々綺麗に使いたい

技術の進歩は新しい素材や、加工法、形状、機能、又新しい状況や時間を生み出します。
不可能が可能となり、早く且つ簡単に出来るようになる。
キッチンは毎日使う場所だから、実に喜ばしいことであります。
しかし一方で、機能を満たすための新たな道具が必要となり
知らぬうちに物が増えていることに気づきます。
この機能を使うためにこの鍋が必要で、この道具を使うためにこのパーツが必要で、
メンテナンスするためにこの専用液体が必要でと何かに縛られている感覚だ。
同時にその増えた道具を置いて作業する場所や、保管する収納庫も必要になる。
「道具と場所が増える」ということは人によって大変不便なこと。

次にハイスペックな物は壊れたときのメンテナンスが難しい。
業者に頼めば良いけれど、キッチンは毎日のことなので今直さないと困るときもある。
原因が突き詰められるよう、なるべくシンプルな構造がよい。

又汚れについて。汚れにくい素材はいろいろあります。天板で言えば
人造(人工)大理石、メラミン、ステンレス、セラミック、天然石、タイル又ガラスコートといった仕上げも然り。
火元周辺は建築基準法に基づき多角的にデザイン設計を考えていくわけですが、
それ以外の箇所については使い手の「心地良さ」を尊重し、「扱い方」の創造性を伸ばす方を取りました。
「素材」にはそれぞれ特性があり扱い方も異なります。新素材の汚れが付着しにくく掃除しやすい表面硬化の高いものは確かに助かる。だって楽だから。
耐水、耐熱性も高い。しかし一方でこんなことも言える。物を置いたときの音が「カンッ」と甲高く触感も印象も冷たい。
重いものをのせると割れることだってゼロではない。その場合は買い替えるのである。そう使い捨て文化だから。

選択にはメリットとデメリットはつきもの。
汚れに関し施主様が出した答えは「毎回掃除すれば何でもいいじゃないか」でした。
器が好きな人は、ガラス、陶器、磁器、漆器、木皿、真鍮といった色々な素材の器をもっている。
作家ものから名も無き職人のものや骨董品。実用的なシンプルなものから海外のプロダクトもの。
老舗メーカーのもの。それぞれの器に応じて扱いも異なる。木皿や木が素地の塗り物や薄い磁器やガラス製は食洗機に入れないし
赤絵や金の加飾が施された絵付けのものは電子レンジに入れない。エッジの効いた形状や繊細なものは丁寧に手洗いするし
割れないよう大切に扱う。落としても割れない器を使うなら雑に扱ってもよいかもしれないが、
大事な器を使う人ならある意味当たり前のことかもしれない。
それは料理をする「場」においても同じこと。「楽をする」より「大切に使う」ことを施主様は優先されました。

天板にはナラの無垢材を使い、そのかわり凹凸をなくし清掃しやすいデザインとしました。
Img_f04ea950d998325e6be613e77dedf851
リビング側からみたキッチン。前板と側板はラワンベニヤを3パターンの幅で裂き、目を通して貼った。
Img_01accb03b6c3683be175c8d22d3faf22
容量たっぷりの収納は可動式の棚。中は白のポリ板。
Img_5584f076b52b571935643cd84532a427
サイズは全体で1900×1800のL型。シンク面の天板奥行きは1000。コンロ面奥行きは650。高さは850。右部の収納棚は調味料や器を。
Img_a59ee79ef3c7da36285f1da467342bd8
天板から少し奥まった位置にある扉と手掛け。椅子に座った際膝が気にならず且つ扉を開けて中の物も十分取れる間の寸法をとった。
Img_590902d496e1461111e6cf009ca4313d
光の反射で分かりにくいが無垢ナラ材の天板。着色し水性ウレタンを刷毛塗りで仕上げた。刷毛塗りは刷毛目跡が好きです。メンテナンスも水性なので室内に臭いが充満することなく塗替可能。
Img_5a86b14a7ae2240a5344bc142a6e2dfc
床は無垢サワラ材をオイル(バニラ色)でフィニッシュ。サワラ無垢は素足でも実に体感温度が気持ちよい。
Img_6ab218321c2aea2705706d6150faa1e3
作業面から。シンク下はオープン。ゴミ箱を置く。後日お母様が椅子に座って作業ができると喜んでくださった。なるほど!
Img_5a0f15bd6847bbaf13106345adc97dcd
L部はご希望でスライドレールの引出。最上部は2段にしてカトラリーや箸など低い内箱を用意。
Img_d26fb3eca6f455208af310ef21142afe
ガスコンロはリンナイのデリシア650幅3個口。コンロ周辺天板はステンレス。左置き家具は炊飯器、レンジ、ポット、お米、飲み物など大きいものを収納。間に小さな引出も。
Img_de7549887e3e2f2b790afb583f9f47ee
直接手の触れる引出、扉の手掛けはナラを黒拭き漆であっさり仕上げた。手の脂がついてきっといい艶に変化するでしょう。
Img_a12dd4ee190dcd5e6214a42cd86153ad
シンクは特注でステンレス製2槽のオーバータイプを作った。仕上げは真上の照明の光を反射せず馴染ませてくれるバイブレーション仕上げ。
Img_3a2546580fb28037c5c3010da5da4b2d
シンクの上にのせて使うまな板もヒバ材で制作。水で毛羽立たないよう全てカンナ仕上げ。水が奥に流れるようカンナで傾斜をつけた。水をマックス出してもごらんの通りバッチリ奥に流れてくれた。
Img_0dbe8fb9d408b0a9426db8de6d8e177b
洗剤やスポンジなど置けるポケット付き。
Img_45e2dbae32170c7d3e3357d315e08bce
レンジフードはそのままマットな黒シートを張り替えたのみ。上の吊り戸も前板のみ交換。印象が随分変わりました。窓の開口部に合わせて作った収納棚。ここから射し込む光のおかげでキッチンが実に明るく且つ風通し良くなった。
Img_e60276ce5923d9d101f58149887493fa
リビング側に椅子を置きダイニングテーブルや家具のようにお使いいただいている。
調理に使う食材は、野菜も米も魚も肉も又それらを育む環境もすべて命。
料理が盛られる器も同様、キッチン(調理場、台所)も個人的には自然素材が一番馴染むと思うのです。
木の天板に物を置いたときの「こん」というやさしい音は他素材とは一線を画します。
木に直接手が触れたときの「温もりや質感」も多素材とは一線を画します。
引出しの「手掛け」は、触りたくなる造形とよい経年変化を想像して作りました。

完成後、施主様はキッチンが落ち着きすぎて、ほとんどの時間をここで過ごしているそうです。
食事をしたり本を読んだりPCで調べものをしたり仕事をしたり。時には寝てしまったりもするそうです笑。
普段は医療系の工学技士としてハイスペックな環境でお仕事される施主様から
「暮しへの考え方がかわりました」とのお言葉いただき竹俣感無量です。
木のキッチン。やはりいいもんですね。